SEOリンク
CAMBRIDGE MBA - GO to CAMBRIDGE MBA -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
HECを発ち、パリ市内へ移動。
1日かけてルーブル美術館とオルセー美術館を訪れました。
090510 paris1090510 paris2
両美術館とも何回も訪れている上、日本でも美術館展を観覧しているのですが、やはり良いものは何度見ても良いし、ご当地で観るとまた格別です。
大英博物館も収蔵品の質は高いのですが、美術館自体の美しさではルーブル美術館に軍配が上がります。

以前訪れた時に惚れ込んだ "Madame Edouard Dubufe" (Edouard Dubure画 オルセー所蔵)をもう一度観たかったのですが、残念ながら展示されておらず少しガッカリ・・・。

夜は欧州MBA日本人会の懇親会へ。
Cambridgeの他、HEC、INSEAD、Lancasterのメンバーが参加しました。
フランス語のメニュー、読めません・・・。

スポンサーサイト
この記事のURL | 2009.05.10(Sun)23:48 | Networking | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
昨年末にロンドンのスタバでの思いつきから始まった、「英国ビジネススクール日本人留学生の間でネットワーキングの場を設けよう!」という企画、遂に昨日実現し、幹事を務めさせて頂きました。

ビジネススクールが多いイギリスですが、国土を縦横断してのネットワーキングの機会はあまりありませんでした。
しかし、こうした繋がりへのニーズは強く、今回、各地から総勢37名が一同に会する盛大なものとなりました。
LBSの方々には場所の確保などサポート頂き、有難うございます。
第2回は帰国シーズン前の7~8月頃にイギリスでやりたいですね。
最終的には、MBA友の会のように、年次を越えたネットワークの場にしたい、と画策しています。

今回の懇親会出席者の所属スクールは以下の通り。
University of Cambridge, Judge Business School
Ashridge Business School
University of Bath, School of Management
Birmingham Business School
University of Edinburgh Business School
Lancaster University, Management School
London Business School
Leeds University Business School
Manchester Business School
University of Oxford, Said Business School

この記事のURL | 2009.04.19(Sun)15:42 | Networking | Comment : 01 | Trackback : 00 | 
約3ヵ月ぶりにロンドンに行ってきました。
相変わらずのイギリス天気で、どんよりとした空からは粉雪が舞います。
ここ数週間でイギリスは急速に寒さが厳しくなり、最高気温が5℃を下回る日が増え、零下となることも珍しくありません。
気候としては降雪は稀とはいえ、この寒さは応えますね。

地方都市にしばらく住んでいると、つくづく「ロンドンは大都会」だと感じます。
真夜中でも自動車や通行人の往来は絶えることはありません。
それに引き替え、ケンブリッジの静かなことよ。

今回のロンドン滞在では LBS、LSE、Oxfordの方々と会う機会があり、久しぶりに会う方、初めて会う方、それぞれ色々なバックグラウンドがあって面白い。
LBSの方々は来年のJapan Trip(※)に向けて準備をしているとのことで、Cambridge MBAとしてもやってみたいのは山々ですが…。

※ Japan Tripとは、日本人学生が幹事となって、各国から来たMBA学生を引率して日本の企業見学や観光をする、という、いわば「日本紹介ツアー」です。
LBSだけでなく、多くの2年制のMBAプログラムで企画されていますが、1年制のMBAプログラムではスケジュールの都合上、実行は難しいようです。


さて、「ハリー・ポッター」シリーズで登場するKing's Cross駅の「Platform 9 3/4」。
DSCF1202.jpgDSCF1205.jpg
観光スポットとして今や地球の歩き方にも紹介されていて、写真を撮る人、カートを押してみる人の姿が後を絶ちません。
ところで、「なぜKing's Cross駅なのか?」と考えたことはあるでしょうか。
もちろん、劇中でホグワーツ特急の発着駅として同駅が描かれている、ということはありますが、そもそも「なぜKing's Cross駅を選んだのか?」。
あまり皆さん疑問に感じないかもしれませんが、私はこういう一見しょうもないことに好奇心を駆られるタイプなんですよ。

作品の背景を考えてみると、答えは多分単純な話。
ホグワーツ特急の元ネタになった特急列車の発着駅がKing's Cross駅だから。
そして、それはケンブリッジ大学にも関係があります。

劇中のホグワーツ魔法学院がオックスフォード大学をイメージして設定されたこと、映画のロケが同大学のカレッジなどで行われたこと、は非常に有名です。
これだけ見ると、残念ながらケンブリッジ大学はあまり関わりがないように見えます。
しかし、King's Cross駅はオックスフォードだけでなくケンブリッジへの鉄道の発着駅でもあります。
そして、特急列車が運行しているのは、ロンドン・ケンブリッジ間のみ。
そう、ケンブリッジもCambridge Express = Hogwarts Expressとして、陰ながら存在感を示しているのです、多分(笑)

というわけで、イギリスにお越しの際はオックスフォードだけでなくケンブリッジにもお越しください。

この記事のURL | 2008.11.23(Sun)13:38 | Networking | Comment : 03 | Trackback : 00 | 
coin.jpg

先日、2008年に欧州MBAへ留学する面々を集めて"Europe MBA Send-off Party 2008"が開催されました。
30名近い人数が集まり、バックグラウンドも欧州MBAの特長たる"diversity"を表すかのように多種多様。

[参加者の留学先]
イギリス/Ashridge、Cambridge、Lancaster、LBS、Oxford
フランス/ESSEC、HEC、INSEAD
オランダ/RSM
スペイン/IE、IESE
スイス/IMD
アイルランド/UCD

まだまだ、MBAというとアメリカ、という印象が国内にはありますが、業界における欧州MBAのプレゼンスを高めることで一致し、大いに盛り上がりました。
欧州という地の利を活かして、より多くの国を見て、人と接し、見聞を広めたいですね。
この記事のURL | 2008.07.21(Mon)22:13 | Networking | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
 | HOME | 
 
プロフィール
FC2カウンター
ブログ内検索
最近の記事
カレンダ・月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。