SEOリンク
CAMBRIDGE MBA - GO to CAMBRIDGE MBA -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
090429_1.jpg090429_2.jpg
今学期の必修科目の1つに"Sustainable Development"があります。
1回3時間+ゲストスピーカーセッションという構成で、特にテストや課題があるわけではありません。
講師は先学期の選択科目"Climate Leadership"と同じ、Stephen Peake。

この講義、どうにも不評である。
しかし、駄目だ、というだけでは芸がないので、何が拙かったのか考えてみたいと思います。

① 学生側の心構え
先ず、この講義の概要は以下の通り。

The Sustainable Development Workshop is designed to provide an overview of the landscape of sustainable development in a business context with a special focus on climate change. The aim is for a lively interactive session where participants views on a wide range of issues are shared and challenged in an engaging and constructive way. The Workshop culminates with a guest lecture by Dr Arlo Brady, (Freud Communications and Fellow of Judge Business School).

この概要説明を読んでも、漠然としていて今一つピンと来ません。
どうやら他のクラスメートも同様のようで、講義開始時点で「ところで、これは何の講義なんだっけ」といったレベルの会話がなされている状態でした。
一般的に、「この講義から○○を得よう」という精神的な準備がなければ、受講効率は著しく低下しますので、1つこのあたりに原因があるのではないでしょうか。
そもそも「持続可能な発展」というタイトル自体が実体的な内容を感じさせず、加えて「with a special focus on climate change」とくると、輪を掛けて「手垢のついた」内容に思えてしまうのです。

あとは、多くのクラスメートにとって、「環境問題より次の仕事をゲットする方がよほど大事」ということもあり、根本的な関心(表層的な関心、ではなく)レベルが低かったのかもしれません。

② 講師側のスタイル
"Climate Leadership"でも若干感じたことですが、講師が志向する議論の方向への誘導がやや強引ではないのだろうか、ということです。
例えば、"Climate ..."では、「気候変動は人為的か否か」という議論のところで、講師としては「人為的」という方向へ持って行きたい、そして「だから今アクションが必要なんだ!」という結論にしたい、というのがあまりに強いように感じられました。
しかし、多様性を売りにしているJudgeですので、皆が皆この論調に同調するわけではありません。
こうした反対意見に対して、「じゃあどうしてそう思う?」と一歩引いて学生の議論を引き出す、というのがあるべきスタイルではないかと思うのですが、そういう姿勢にやや欠けます。

③ コンテンツのフォーカス度合
①で述べたように、もともとテーマがぼんやりしているので、コンテンツの焦点がしっかり絞れていないと「結局何の講義だったんだっけ」ということになってしまいます。
残念ながら、この講義はこの状態に陥っていたように感じます。
様々なファクト・データを提示してくれるのはいいのですが、それぞれが単発で提示されるような印象を受ける為、「つまりこの事実がどのような意味を持っていて、それが前後のストーリーにどのように繋がるのか」というのがうまく伝わってこない。

と、ここまで批判的なことを書きましたが、環境問題が絡むセッションは「ありきたりな内容」にならないようにするのが非常に難しいという事実はあります。
概して、
・地球はすでに危機的状況にある。だからこそ今アクションが必要なのだ。
・地球温暖化は本当なのか。地球の周期的な気候変動ではないのか。
・盲目的な環境保護運動は逆効果である。
といった論調のものが多く、今回のセッションも1つめのものに該当します。
ケンブリッジ大学には環境問題に関して研究している機関が多くあるので、それだけデータなど有用なリソースが多くあるはずで、それをもっと上手く使うことが出来れば、在り来たりなテーマであっても違った料理が出来ると思うのです。
講師に伝えたいことがあるとすれば、「フィッシュアンドチップスはもう食べ飽きました」ということでしょう。

スポンサーサイト
この記事のURL | 2009.04.29(Wed)23:40 | MBA (Easter) | Comment : 01 | Trackback : 00 | 
世界鉄鋼協会(World Steel Association)は、27日に発表したWorldsteel short range outlookの中で、2009年の世界的な鉄鋼需要は2008年比で約15%減(過去最大)の見込みである、と発表しました。
減少幅が大きいことが予想される主な地域は・・・、
① 北米自由貿易協定(NAFTA) 32.2%減
② EU 28.8%減
③ 欧州(EU以外) 25.7%減
④ 独立国家共同体(CIS) 23.1%減

一方で、BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)については減少幅は相対的に小さいようです。
(BRICsで5.9%減に対して、BRICs以外では22.3%減)
興味深いのは、インド。
さすがに伸び率こそ減少したものの、1.7%増を確保しているのが印象的です。
先日、住友金属工業がインドの中堅鉄鋼メーカー・ブーシャンと合弁会社を設立し、高炉を含めた製鉄所の建設するという計画(2,000~3,000億円)を発表したのを思い出します。
果たして住金の見込みは正しかったのか、稼働開始する2015年以降の鉄鋼市況が吉とでることを祈ります。

余談ですが、高炉建設というのは鉄鋼マンにとって浪漫である、と言われます。
木村拓哉主演でドラマ化された「華麗なる一族」(山崎豊子原作)でも高炉建設がキートピックとして取り上げられています。
劇中でも鉄平以下、阪神特殊鋼社員の高炉に対する並み並みならぬ熱意が描かれていました。

日本市場は製鉄を含めた"かねへん"、"いとへん"の基幹産業にとって超成熟期にあります。
高付加価値製品に注力するJFE、ブラジルに展開する新日鉄、インドでの躍進を図る住金、それぞれの活躍に期待します。

*****************************************

余談ついでに追加するなら、鉄鋼メーカーのエネルギー事情にも興味をそそられます。
製鉄というものは、数ある産業の中でも、製造プロセスにおけるエネルギー消費量が多いことで知られます。
そして、鉄鋼メーカーのエネルギー部門(自家発電部門)は「モノを生産する」ということはないものの、1日数億~数十億円レベルの費用がかかるエネルギーについて責任を担っているのです。
一方で、前職にあった際に、しばしば製鉄所のエネルギー部門関係者が語っていた内容が印象的でした。

「エネルギー部門はエネルギーを安定供給することができて当たり前。部門投資にしても、好況時には生産部門が優遇されて、エネルギー部門はあまり振り返られない。不況時にはコストダウンの対象として締め上げられるし、大変だよ。」

鉄鋼市況の狂乱があっという間に過ぎ去り、今後、エネルギー部門は忙しくなるのでしょう。
コストダウン、CO2削減、など課題は尽きませんが、鉄鋼業の火をともし続ける礎として頑張って欲しいですね。

この記事のURL | 2009.04.28(Tue)23:19 | Cambridge Life | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
メキシコを中心に大騒ぎとなっている、豚インフルエンザ。
先日のSkynewsの報道によると、今回のインフルエンザウィルスはミュータントで、豚の体内で鳥インフルエンザと人インフルエンザが融合して出来たものらしい。
メキシコ人のクラスメートも本国の様子が気になるようです。

そうこうしているうちに、イギリスにも上陸してしまいました

メキシコへハネムーンに出かけた夫妻が持ち帰ったのが第1例とのことです。
前回の鳥インフルエンザの時は東南アジアを中心に養鶏業が大打撃を受けましたが、今回は養豚業の番でしょうか。
イギリスは羊・牛の生産量の方が高いものの、人に感染するウィルスが羊・牛に広がらないということはないでしょうから、楽観出来たものではありません。
前回の経験から全世界レベルでの迅速な対応が求められます。

この記事のURL | 2009.04.27(Mon)11:02 | Cambridge Life | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
080424_Downing College 1080424_Downing College 2
GCPが本日を以て名実ともに終了しました。
4/20(月)がMBA OfficeにPPTデータとレポートの提出する期日だったのですが、クライアントからの追加注文に基づいてPPTの手直しなどを行い、本日晴れてクライアントへの提出が完了した次第です。
メンターが忙しくミーティングの機会をあまり得られなかったことや、クライアントからの要求レベルがやや高かったことなど、色々ありますが、得るものは確かにあったと思います。
データ収集・分析などの「考える」プロセスについては今後活きることになるでしょう。

この記事のURL | 2009.04.24(Fri)20:46 | Project | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
今週からEaster term(3学期)が開始されました。
090420_1.jpg090420_2.jpg
私のストリーム(Cambridge MBAではクラスが2つのストリームに分かれます)は月曜・火曜のそれぞれ9:00~12:30、14:00~17:30までがNegotiation Skills向上講座に充てられました。
講師は私のGCPグループのメンターでもあったMark De Rond。
理論的な話というよりも、ロールプレイングやグループワークなどの実践を通じて理解を深める、というスタイルです。
長時間、集中的に取り組む為、集中力をしっかり持続させないと途中でロストしてしまうので気が抜けません・・・。
幸い、ここ数日はまさに「春爛漫」と言うべき天気が続いている為、グループワークも教室外の芝生(緑鮮やかで柔らかい芝はイギリスの宝!)で行われ、非常に気持ち良い。

なお、今学期のプログラム構成は以下の通り。(日本語サイトより転載)

【必修】
- Negotiation Skills
- Corporate Governance & Ethics
- Sustainable Development
- Leadership-In-Action

【選択】 4講義を履修+1講義を聴講
[MBAの科目]
- Advanced Strategy
- Arts, Cultural and Media Management
- Brand Management
- Changing the Game: Business Models, Innovation and Strategy
- Consumer Behaviour
- Corporate Social Responsibility
- Emerging Technology Entrepreneurship: How to assess Viability and set out an Action Plan
- Entrepreneurship: How to Start and Run Companies
- Entrepreneurship Venture Capital
- Financial Services Strategy
- Hedge Funds
- International Microeconomics
- Leading and Managing Beyond Profit
- Liberalisation & Regulation of International Financial Markets
- Managing Change
- Marketing Myths
- Mergers and Acquisitions
- Practical Approach to Managing Innovation
- Risk Management in Global Banking
- Valuation

[MFinの科目]
- International Finance
- Operations in Financial Institutions
- Topics in Investment Management/Further Topics in Investment Management
- Venture Capital Dealing

この記事のURL | 2009.04.20(Mon)23:10 | MBA (Easter) | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
昨年末にロンドンのスタバでの思いつきから始まった、「英国ビジネススクール日本人留学生の間でネットワーキングの場を設けよう!」という企画、遂に昨日実現し、幹事を務めさせて頂きました。

ビジネススクールが多いイギリスですが、国土を縦横断してのネットワーキングの機会はあまりありませんでした。
しかし、こうした繋がりへのニーズは強く、今回、各地から総勢37名が一同に会する盛大なものとなりました。
LBSの方々には場所の確保などサポート頂き、有難うございます。
第2回は帰国シーズン前の7~8月頃にイギリスでやりたいですね。
最終的には、MBA友の会のように、年次を越えたネットワークの場にしたい、と画策しています。

今回の懇親会出席者の所属スクールは以下の通り。
University of Cambridge, Judge Business School
Ashridge Business School
University of Bath, School of Management
Birmingham Business School
University of Edinburgh Business School
Lancaster University, Management School
London Business School
Leeds University Business School
Manchester Business School
University of Oxford, Said Business School

この記事のURL | 2009.04.19(Sun)15:42 | Networking | Comment : 01 | Trackback : 00 | 
突然、Barclaysのキャッシュカード(VISA debit付)が使えなくなりました。
手持ちのキャッシュも僅か5ポンドだったので、早速最寄りの支店で状況確認をすることに。
しかし、今回もまたイギリス的オペレーションにフラストレーションを感じることになるのです・・・。

2つある窓口のうち、先ず中年男性Aが担当している方へ。
私「今朝からカードが使えなくなってしまった。デビットも使えないので、どうなっているのか確認して欲しい。」
A「・・・どうやらカード利用が停止されていますね。こちらへどうぞ。」
と案内されたのはプライベートバンカーデスク。
何が始まるのかと思ったら、目の前にドンと電話を置かれて、「デビットのカスタマーサービスの電話番号は○△×だから。」と言って、そのまますたすたと窓口に戻って行ってしまった。
"It's not my business."ということか・・・。

仕方ないのでカスタマーサービスに電話をします。
私「(状況説明)」
CS「・・・確かにカード利用が停止されています。が、こちらでは何故かは分かりません。支店でお尋ね下さい。」
私「いや、支店の人からカスタマーサービスに電話するよう言われたんだけど。」
CS「申し訳ございません(So, sorry)。やはり分かりかねます。支店のプライベートバンカーに確認して下さい。」
うーん、埒があかないというのはこういうことだな。

窓口に戻って、カスタマーサービスとの会話内容を伝えると、
A「承知しました。しかし生憎プライベートバンカーは本日予約が一杯で、対応できません。近くのより大きな支店に行って、そこのプライベートバンカーに相談して下さい。」
そう、イギリスのほとんどの銀行支店では予約なしにプライベートバンカーと面談することは難しいのだ・・・!

そして今度やってきたのはマーケット近くの支店、ここは規模も大きくケンブリッジの元締めみたいなものでしょうか。
早速、指定されたプライベートバンカーBのところに言って状況を説明します。
このバンカー、なかなか対応が良く、コールセンターなどに電話しまくって状況を確認してくれました。
そして判明した、カード利用停止の理由とは・・・

昨年8月に提出した口座開設申込書上のサインとパスポート上のサインが合致していない

ということ。
・・・・・・口座開設から半年以上経っているというのに、一体どういう審査やっているのでしょう??
サインにしても、今まさにBの隣のブースにいるバンカーCに当時言われた通りに行ったのだけれど。
そんな不満をぶつけると、Cは「本当にそうよね」という反応を示したものの、「このままでは今月中に口座が閉鎖される」とのこと。
もう何がなんだか分かりませんが、口座閉鎖は拙いのでサインの再登録を依頼。
結果的に来週火曜日(!)からカードは利用可能になるとのことです。

ATMでキャッシュを引き出せないので、ここで引き出そうと思ったのですが、「現金は窓口でしか扱えまえん」と仰る。
利用停止の原因が分かって多少気が楽になっていたので、まぁそれならしょうがないよね、と素直にその言葉に従って窓口へ。

しかし・・・!
窓口で引出申請書を提出してから実際に私が現金を手にするまでには更に1時間を要するとは想像だにせず。
カードが停止されているから云々、IT部署に確認してみないと云々・・・。

この一連のやり取りだけで殆ど半日潰れて、精神的にもぐったり。
こういうことが何回もあると(実際に私は今回が4回目のトラブルです)、顧客からの信頼性が大いに毀損されると思います。
改善される日は来るのでしょうか。

この記事のURL | 2009.04.09(Thu)22:32 | Cambridge Life | Comment : 02 | Trackback : 00 | 
GCPも終盤戦に入ってきました。
090407.jpg
クライアントとの4回目のカンファレンスを実施し、最終的なプレゼンテーションの一連の構成を確認。

その結果、クライアントの意図するものと我々が用意した内容がマッチしていないようだ、ということが判明しました。
もともと、M&Aのフレームワークを考える、という一種漠然とした無形のものがプロジェクト目的なので、クライアントとの間で(グループ内でも)しばしば考えの食い違いが起こっているのは事実。
もちろん、市場調査やマーケティング企画立案などにも難しさはあるのですが、このプロジェクトの場合は殊更に「ぼんやり」とした感じが抜けず、「これだ!」というイメージが掴めない。
この「ぼんやり」感はプロジェクト開始時にも感じていたものの、次第に雲は晴れるだろうと思っていました、が、なかなかどうして上手くいかないもの。

とにかく、今回のカンファレンスで食い違いが分かったことを収穫として、もう一度整理しなおそう、ということに。
残り日数も僅か、なんとか巻き返しを図りたいところです。

この記事のURL | 2009.04.07(Tue)23:41 | Project | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
090405 1090405 2
春になって、Hughes Hall前のFenner's groundではクリケットの練習に励む学生の姿が見られるようになりました。
未だルールは分からないのですが、「野球と似て非なるもの」ということは確かのようです。

この数週間のうちに、だいぶポンド高・円安が進んできました。
今回の円高は、円が買われていた、というよりも、ポンドが売られすぎた、という状況でしたので、今度は円が売られた、というよりも、ポンドが買われるようになった、ということでしょう。
英国政府の一連の施策(有効性はさておき)や金融サミットを通じて「景気の底は打った」という印象が市場にあるのでしょうか。

個人的には円安傾向は嬉しいような嬉しくないような。
というのもかなりの円を昨年の200円台/ポンドの時に換金してしまったので、円高は非常に「くやしい」状況だったわけです。
とはいえ、イギリス在住者としては嬉しいことではあったのですが。
そして今回の円安傾向で、多少「くやしさ」が緩和されつつあります。
複雑です・・・。

この記事のURL | 2009.04.05(Sun)22:54 | Cambridge Life | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
週末の日帰り旅行の記事をアップロードするのを忘れていました。

今回はイングランド南西部のソールズベリとバースを訪れました。
日帰りを敢行するべく、ケンブリッジを5時に出発し、ロンドのウォータールー経由で約4時間、ソールズベリへ到着です。
090404 Salisbury1090404 Salisbury2
ソールズベリを象徴するのが大聖堂。
回廊の美しさもさることながら、イギリス最高の高さを誇る尖塔は目を見張ります。(第2位はノーリッジ大聖堂)
もう1つこの大聖堂を有名にしているのは、マグナカルタの原本のうち1つが収蔵されているということです。
イギリス国内では4つの原本が現存し、そのうち最も保存状態が良いのがソールズベリ大聖堂収蔵のものとされています。
自由主義の原型とも称されるマグナカルタ、その原本ともなれば相当に貴重なもの。
2007年、イギリス外に現存する原本のうちの1つがサザビーオークションに掛けられ、US$21,321,000(円換算 約22億)で落札された、というニュースもありました。

ソールズベリは世界遺産に登録されているストーンヘンジへの観光拠点でもあります。
というわけで、行ってきました。
090404 Salisbury3090404 Salisbury4
神秘中の神秘、本当に見れば見るほど興味をそそられます。
一面の田園地帯の中に立つ巨石群は、抜けるような青空とのコントラストもあって、非常に美しい。
BC3000年から建造が始まったということですが、日本はその頃には縄文時代だったのか・・・。
近郊のオールドセーラムも興味津々で散策。
やはり空堀(水を引いていない堀)の起伏は素晴らしい。

ソールズベリを後にして、次は英語で風呂を意味するBathの語源となった街、バース(Bath)へ移動。
駅に到着した瞬間、街の雰囲気が私のストライクゾーンど真ん中であることに気が付きました。
正直、バースと言えば、ローマ時代の温浴施設 ローマン・バス(これがBathの語源)くらいしかイメージにありませんでした。
090404 Bath1090404 Bath2
しかし、歴史を感じさせる街並みや丘陵地というロケーションが相まって、街自体が素晴らしい景観を作りだしています。
ケンブリッジやオックスフォードよりも人口は多く、大きな都市ではあるものの、大都市を感じさせない風情や広々とした街の作りが居心地の良さを生みます。
まったく予想外(良い意味で)もいいところで、図らずも日が暮れるまで街を散策して回ってしまいました。
090404 Bath3090404 Bath4
こういう発見があるから旅行はやめられない・・・。

この記事のURL | 2009.04.04(Sat)23:57 | Travel | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
昨日のエントリーで言及したイタリアのベルルスコーニ首相。
彼は本当に話題に事欠かない人ですね・・・。
今回は
・ 金融サミットの集合写真撮影後にオバマ大統領に大声で呼びかけて英女王をイラ立たせる
・ 長電話でNATO公式行事をすっぽかしてメルケル独首相に呆れられる
・ 次回イタリアで開催されるG8に際して、個人所有のクルーザー・別荘に各国首脳を招待する企画に余念なし

こういう形で目立つのは勘弁してほしい、ですが、あぁ中川前財務相の例を思い出してしまいます。

風刺画に描かれないのはいいことなのかどうか。
090404.jpg
ベルルスコーニ首相以外では、上の絵でもそうですが、フランスのサルコジ大統領も夫人ともども目立ちますね。
フランスとイタリアは本質的ではないところで話題を提供してくれる、というとそれぞれの国から来たクラスメートに怒られそうですが、ある程度は真なるかな。

この記事のURL | 2009.04.04(Sat)22:16 | Cambridge Life | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
090403 2
現在ロンドンでは第2回金融サミットが開催されており、G20の首脳陣が一同に会して危機脱却に向けて協議を行っています。
一昨日のFinancial Times誌1面を飾ったのは、麻生首相のドイツの消極的な財政出動政策を批判した、という内容でした。
曰く、日本がバブル崩壊後に積極的に財政出動を行ったことで景気は良くなった、だから財政出動どんどんすべきだ、という話のようですが、これはいかがなものか。
失われた10年と呼ばれる長期景気低迷や未だ残る日本経済の構造的な問題を考えれば、バラマキ政策が景気の上向きに繋がる、というロジックには疑問が残りますね。
一体、麻生首相の自信はどこから来ているのか・・・。

と、この発言で話題を呼んだ麻生首相ですが、本日のFinancial Timesの表紙を見ると・・・。
090403 1
・・・・・・いない、影も形もありません。
代わりに、オバマ大統領(米)、メドベージェフ大統領(露)を両脇に従えた(?)ベルルスコーニ首相(伊)が目立っているという、なんとも皮肉なこの写真。
イタリアは今回のサミットで政策面で何か目立つような提言をしたのだろうか・・・。
舌禍でも有名なベルルスコーニ首相、単純にパフォーマーとしての存在感なのでしょうか。

かつて第1回金融サミットでIMFへの巨額の出資を発表したにも関わらず、対外的に大して目立たなかった麻生首相。
もうちょっと頑張ってもらいたいところですね。

教訓: 集合写真では前に出ましょう

この記事のURL | 2009.04.03(Fri)22:06 | Cambridge Life | Comment : 00 | Trackback : 00 | 
Judgeに向かう途中、タクシーに接触。
幸い人間・自転車にダメージはなかったものの、タクシーのドア部分にガリガリッと傷をつけてしまいました。
状況としてはタクシー側の不注意によるものでしたが、ラテン系のドライバーががなりたてて容易に収まらない。
白昼の公道での出来事だったので暴力沙汰にまで至らず助かりました・・・、いやホントに。
クラスメートの中にも自転車で転倒して骨折した、自動車と折衝して捻挫した、という事例が多いので、気をつけなければ。

そして、今度はJudgeからの帰り道。
停めてあった自転車に乗ってさあ帰ろうかと思ったら、タイヤ後輪がパンクしている。

なんてこと、自転車厄日でしょうか・・・。

この記事のURL | 2009.04.01(Wed)23:26 | Cambridge Life | Comment : 02 | Trackback : 00 | 
 | HOME | 
 
プロフィール
FC2カウンター
ブログ内検索
最近の記事
カレンダ・月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。