SEOリンク
CAMBRIDGE MBA - GO to CAMBRIDGE MBA -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
Climate Leadershipの2回目の講義後、そのまま列車に飛び乗ってStansted空港へ。
3泊4日の北イタリア旅行に行ってきます。
今回使用する航空会社はヨーロッパ格安航空として有名なRyanair。
Ryanair@Stansted AirportRyanair interior
Ryanairの特徴は文字通りの格安料金で、早めに予約することで、€0(燃料サーチャージ等加算前)でチケット購入が可能。
経費を含めても€35程度なので、気軽に週末ヨーロッパ旅行を楽しみたい我々留学生にとっては非常に便利。
この格安料金を達成し得るのは、事前情報や実際に搭乗して注目した限りでは以下の要因からと思われます。
・直前予約や空席が少なくなると料金が跳ね上がる(€100~)料金システム
・荷物チェックイン数量に応じて追加料金
・空港チェックインで追加料金(オンラインチェックインはEU圏内在住者のみ可能)
・座席は早い者勝ち、追加料金で優先搭乗
・有料機内サービス(飲料、軽食、スナック)
・機内に企業広告
・座席間距離を狭くして座席数増
・座席前収納ポケット、オーディオ・リクライニング機能撤去
・安全のしおり撤去、座席前にしおりを張り付け
・マイナー地方空港を使用
・離着陸費用の安い早朝、深夜のみ運行
・乗降用にタラップとバスを使用
・CA数の削減および兼業(機内清掃などの離着陸前後の作業も全てCAが実施)

ヨーロッパではRyanairの他にEasyjetが同様のビジネスを行っています。
また、かつてBritish Airwaysが子会社を使って格安航空ビジネスを行おうとしましたが、やはり企業文化にそぐわなかったのか断念し、その子会社はEasyjetに売却されたという経緯があります。
アジアでRyanやEasyのように徹底した格安航空ビジネスはまだ育っていないようです。
昨年暮れに、オーストラリアの格安航空会社がアジア圏に殴り込みをかけたというようなニュースを見かけましたが、業界に風穴を開けるようなインパクトを与えることができるのか注目されます。
日本で言えば、航空業界は保護規制が手厚い業界の1つですので、依然としてJAL、ANAの2強の構図。
何社か格安という触れ込みで事業を行っていますが、そのほとんどが苦しい経営を強いられ、結局大手航空会社と提携したり子会社化されたり、という状況です。
格安航空が育つには、RyanやEasyのように「そこまでやるのか??」という手段を取れるような自由化環境がもっと必要でしょう。

というわけで、ピサ・ガリレオガリレイ空港に到着したのは24:00頃。
Galilei International Airport
空港近くのホテル My One Hotel Galilei で一夜を明かします。
スポンサーサイト

この記事のURL | 2009.02.13(Fri)23:59 | Travel | Comment : 02 | Trackback : 00 | 
おっしゃるとおりですね・・・
日本の航空行政はほんと最悪ですよね。

日本だと、格安にできないし、するインセンティブも結局ないです。

格安航空会社を実現する絶対的な条件というのは、主要都市の周辺に第2・第3のマイナー空港があること、だと思います。

羽田を国際化し、成田を第2空港の位置づけにすればある程度の格安化も可能かと思うけど、当分は無理でしょうね。

日本の空港の離着陸料は世界一で、関空・成田が1-2フィニッシュ状態だったかと記憶してます。たぶん、関空でジャンボが一回離着陸するのに100万円くらいとられた気がするので、客が100人ならそれだけで1人1万円がとられてしまう。

関空みたいな遠い所に赤字国際空港をつくり、伊丹を国内路線化するとか、もう気が狂っているとしか言いようがない。

発着枠は限られているので、新参航空が自由に枠を取ることはできず、20分で機内掃除を終わらせてガンガン飛ばします、みたいなことも不可能。深夜の飛行もできないし。

料金も路線も発着枠も、そして潰れそうな時の資金援助も、すべて国交省が掌握しているので、日本で格安航空が日の目を見ることは一生ないのではないかと思いますわ。

AK #- | URL | 2009.02.17(Tue)09:56 [ 編集 ]
成田・羽田問題、関空・伊丹問題は、「日本の空港をアジアのハブにする」という思想からは完全に逆行していますね。
気がついたら仁川空港にお鉢を奪われているような有様。

国を挙げて「Visit Japan」キャンペーンを打ってはいても、外国人観光客の足となるべき航空事情がこれでは目標達成はおぼつきません…。

GM @Cambridge #- | URL | 2009.02.17(Tue)11:52 [ 編集 ]


 
プロフィール
FC2カウンター
ブログ内検索
最近の記事
カレンダ・月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。