SEOリンク
CAMBRIDGE MBA - GO to CAMBRIDGE MBA -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
経済の決して少ない割合を金融業に依存するイギリスは、今回の金融危機に際し国家の浮沈を賭けた土壇場にいます。
Pax Britannica と呼ばれた時代も遠い昔。
イギリスにいると、日本の経済危機よりもイギリスの経済危機の方が、物理的にも精神的にも近く感じます。

さて、これだけ不況になってくると、雇用情勢も悪化してきます。
新聞やニュースでしばしば取り上げられるのが、イギリス人労働者が叫ぶ"British jobs for British workers"というフレーズ。
イギリスでは多くの移民労働者を受けて入れてきた国ですので、このような意見がでてくるのは仕方ないことではあります。
しかし、安い労働力が欲しい時には移民を沢山受け入れて、仕事が少なくなってくると移民排斥を訴える、という構図には、なんだか、コメ不足の時に大量にタイ米を輸入して(この為にタイでは逆にコメ不足になった)、コメ不足が解消されると余ったタイ米を大量に廃棄した、というエピソードを思い起こします。
まぁ感覚的な話ということで。

そんな移民問題に絡んでか、ここケンブリッジで不法労働者摘発活動が活発に行われているようです。
先日、ケンブリッジで唯一「合格点」をつけられる日本料理レストラン(香港人経営)でJapanese Dinner & Karaoke Partyが開催されることになったのですが、当日行ってみたら、なんと抜き打ちのガサ入れの真っ最中!!
後から聞いたところでは、同じくケンブリッジにある日本「風」麺類専門レストランも同様の摘発を受けたようで、実際に両店とも不法労働者が摘発されたそうです。
7人のシェフのうち5人が不法労働者というから、驚きです。
この日本料理レストランが廃業にでも追い込まれたら、我々日本人(特に独身組)の生命線の1つが断たれることになります・・・。

気を取り直して、台湾人クラスメートの招待で出席したHomerton CollegeのFormal Hallの写真を。
090303 Homerton College Formal Hall 1090303 Homerton College Formal Hall 2
スポンサーサイト

この記事のURL | 2009.03.06(Fri)21:48 | Cambridge Life | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
プロフィール
FC2カウンター
ブログ内検索
最近の記事
カレンダ・月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。