SEOリンク
CAMBRIDGE MBA - GO to CAMBRIDGE MBA -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
090324_Judge1.jpg090324_Judge2.jpg
祝!WBC日本代表2連覇!!
不振のイチローが勝ち越し打を放つ、というのはあまりに出来すぎたシナリオでしたが、この結果は喜ばしい。

とはいえ、ここイギリスではWBCそのものが話題にちっとものぼりません。
ちょうどSix Nationsと開催時期が被っていましたからね。
ロンドンの地下鉄で、優勝したアイルランドサポーター達が大騒ぎしていたのを思い出します。
WBC出場国のアメリカ、オランダから来ているクラスメートですら無関心なものだから、これは日本vs韓国の5ラウンド制マッチなのではないかという錯覚すら覚えます。

夕食時に韓国人留学生から「Congratulation!」とにこやかに声を掛けられて、思ったこと。
留学すると、日本人は日の丸を、韓国人は太極旗を、それぞれ背負っている、という意識が強まります。
一方で、しばしば両国間のいさかいの元になるような、ある意味感情的で過激なナショナリズムというのは逆に鳴りを潜める傾向があるというのが、イギリスで半年間を過ごした感想です。
これは、日本人、韓国人ともに、同じ国の人間同士で物理的にも精神的にも固まる、ということを良しとしない点とも関係があるのではないかと思います。
逆の例で言えば、中国人(メインランド)は、同じ国の人間同士で固まって中国語で喋る、ということに違和感を感じないようですし、ケンブリッジにおける中国人コミュニティは非常に大きな存在感を持っていることからも、顕在化するナショナリズムを見てとれます。

極東を遠く離れたこのイギリスの地で、同じアジアの隣人同士うまく付き合っていきたいものです。
スポンサーサイト

この記事のURL | 2009.03.24(Tue)22:00 | Cambridge Life | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
プロフィール
FC2カウンター
ブログ内検索
最近の記事
カレンダ・月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。