SEOリンク
CAMBRIDGE MBA - GO to CAMBRIDGE MBA -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
週末の日帰り旅行の記事をアップロードするのを忘れていました。

今回はイングランド南西部のソールズベリとバースを訪れました。
日帰りを敢行するべく、ケンブリッジを5時に出発し、ロンドのウォータールー経由で約4時間、ソールズベリへ到着です。
090404 Salisbury1090404 Salisbury2
ソールズベリを象徴するのが大聖堂。
回廊の美しさもさることながら、イギリス最高の高さを誇る尖塔は目を見張ります。(第2位はノーリッジ大聖堂)
もう1つこの大聖堂を有名にしているのは、マグナカルタの原本のうち1つが収蔵されているということです。
イギリス国内では4つの原本が現存し、そのうち最も保存状態が良いのがソールズベリ大聖堂収蔵のものとされています。
自由主義の原型とも称されるマグナカルタ、その原本ともなれば相当に貴重なもの。
2007年、イギリス外に現存する原本のうちの1つがサザビーオークションに掛けられ、US$21,321,000(円換算 約22億)で落札された、というニュースもありました。

ソールズベリは世界遺産に登録されているストーンヘンジへの観光拠点でもあります。
というわけで、行ってきました。
090404 Salisbury3090404 Salisbury4
神秘中の神秘、本当に見れば見るほど興味をそそられます。
一面の田園地帯の中に立つ巨石群は、抜けるような青空とのコントラストもあって、非常に美しい。
BC3000年から建造が始まったということですが、日本はその頃には縄文時代だったのか・・・。
近郊のオールドセーラムも興味津々で散策。
やはり空堀(水を引いていない堀)の起伏は素晴らしい。

ソールズベリを後にして、次は英語で風呂を意味するBathの語源となった街、バース(Bath)へ移動。
駅に到着した瞬間、街の雰囲気が私のストライクゾーンど真ん中であることに気が付きました。
正直、バースと言えば、ローマ時代の温浴施設 ローマン・バス(これがBathの語源)くらいしかイメージにありませんでした。
090404 Bath1090404 Bath2
しかし、歴史を感じさせる街並みや丘陵地というロケーションが相まって、街自体が素晴らしい景観を作りだしています。
ケンブリッジやオックスフォードよりも人口は多く、大きな都市ではあるものの、大都市を感じさせない風情や広々とした街の作りが居心地の良さを生みます。
まったく予想外(良い意味で)もいいところで、図らずも日が暮れるまで街を散策して回ってしまいました。
090404 Bath3090404 Bath4
こういう発見があるから旅行はやめられない・・・。
スポンサーサイト

この記事のURL | 2009.04.04(Sat)23:57 | Travel | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
プロフィール
FC2カウンター
ブログ内検索
最近の記事
カレンダ・月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。