SEOリンク
CAMBRIDGE MBA - GO to CAMBRIDGE MBA -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
セルビア人Zに誘われて、アイルランド人のEを含めた3人で新作映画『天使と悪魔』を観に行ってきました。
前作『ダヴィンチ・コード』同様にヴァチカンは大層ご立腹、とのことですが、それも無理あるまい、と思えるほどに荒唐無稽な内容ですね、これは・・・。
アジア人の私がそう思うくらいだから、ZとEはどう思ったのだろうか。
「これはアクション映画だね」というのが観終わった後の3人の統一見解でした。

思い返すと、『ダヴィンチ・コード』片手にウェストミンスター寺院や壁画『最後の晩餐』を観て廻ったのもずいぶん昔のことになってしまいました。
今回の『天使と悪魔』でもローマ旅行時に観て廻った場所が多く描写されていて、懐かしい思いがします。

ところで、劇中に Swiss Guard という組織が出てきます。
和訳するとスイス衛兵隊で、ヴァチカンが永世中立国スイスから雇った傭兵。
以前スイスを旅行した時のエントリーで触れましたが、スイス傭兵はヨーロッパの歴史的事件の様々な場面に登場しており、かつ現代においてもその傭兵制が存在しているというのは、非常に興味深いことです。
スポンサーサイト

この記事のURL | 2009.05.17(Sun)23:22 | Cambridge Life | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
プロフィール
FC2カウンター
ブログ内検索
最近の記事
カレンダ・月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。