SEOリンク
CAMBRIDGE MBA - GO to CAMBRIDGE MBA -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
日本から直行便がないこともあり、今後まず旅行する機会もほとんどないであろうクロアチア。
しかし必ず訪れてみたい国の1つでもありました。

スタンステッドから約1時間半のフライトでクロアチア北西部のザダルへ。
首都ザグレブ西部に位置するこの街はアドリア海に面する港町。
もともとプリトヴィッツェ国立公園(ユネスコ自然遺産)を訪れる為の拠点とするつもりだったので、街自体の観光はあまり考えていませんでした。
ところが、旧市街の美しい景観に息を飲むことしばしば。
090628 Zadar_city_1090628 Zadar_city_2
潮の香り漂う白壁の町並み、どこか地中海沿岸都市を思い起こさせる雰囲気。
ヴェネチアが好きな人は気に入りそうな気がします。

面白いのは、岸壁に設置されたシーオルガン(Sea Organ)、波浪を使って音を出す装置です。
090628 Zadar_Sea Organ_1090628 Zadar_Sea Organ_2
歴史的なものではないのですが、すでに街の名物となっており、特に若いカップルには人気の様子。
こういうアイデア、街興しに一役買えそうですね。
日本人の"伝説好き"(○○で告白すると永遠に結ばれる、とかそういう類)に応えるような代物のような気がします。
港町や漁村が対象になるでしょうが、ただ作るだけでは集客はおそらく見込めない。
となると、先日のエントリーで書いたように、映画かドラマか何かで題材に取り上げて貰うことでイメージ効果を見込めるかもしれません。
特に最近流行り(?)の"感動系"のものなど、もってこいでしょう。
シーオルガン自体、日本ではまだ珍しいものなので、大衆への露出が叶えば相応の効果はありそうに思います。

さて話が逸れましたが、本命のプリトヴィッツェ国立公園。
ザダルのバスターミナルからバスで約2時間の場所に位置します。
結論から言えば、大正解。
この美しさを表現する言葉がうまく見当たらないのが口惜しい。
090628 Plitvicka_1090628 Plitvicka_2
澄んだエメラルドグリーンの湖面、涼やかな清流、鮮やかな深緑。
楽園というのはこういうところを言うのかも知れん…、と何回呟いたか覚えていません。
生憎ながら雷鳴轟く大雨に見舞われ、一時小屋に避難する場面もありましたが、総じて期待を越えるものでした。
途中からドイツ人、スイス人、アメリカ人の若者と道連れになり、こういうガヤガヤした道中も良いものです。
スポンサーサイト

この記事のURL | 2009.06.29(Mon)18:33 | Travel | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
プロフィール
FC2カウンター
ブログ内検索
最近の記事
カレンダ・月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。