SEOリンク
CAMBRIDGE MBA - GO to CAMBRIDGE MBA -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
2日目の今日は、ビザンツ特集。

アヤソフィア。
090714 Istanbul_1090714 Istanbul_2
ビザンツ様式とイスラム様式が混在(正確には、ビザンツの上にイスラムを上書きしているわけですが)している様は一種独特な雰囲気を漂わせています。
聖母子像のモザイクとイスラムの説教壇が1枚の写真に収まる空間は他にそうそうないでしょう。
ビザンツ期のモザイクが大変美しい。
090714 Istanbul_3090714 Istanbul_4
090714 Istanbul_5090714 Istanbul_6

さらなるビザンツスポットとして…

コンスタンティノープル総司教座
090714 Istanbul_7090714 Istanbul_8
観光客は1人もいない住宅街の中にポツンとある上、案内板もなにもないのでかなり探し回りました。
途中靴磨きに捕まって、道案内のバーターで10TL(靴磨き代として)払う羽目に。
現地の高校(or 中学?)の敷地内にあり、予想外にこじんまりとしています。
しかし内装や壁画は美しさが凝縮されています。

カーリエ美術館
090714 Istanbul_10090714 Istanbul_9
修道院がそのまま美術館になっています。
総司教座同様、こちらも住宅街の中にありますが、どちらかというとスラムに該当する地区かもしれません。
美術館自体は観光客でごった返していましたが、皆観光バスで乗り付けているようで、歩いて行ったのは私くらいのようです。
実はアヤソフィアよりもここの壁画群に対する感動の方が大きかった、これは予想外。
090714 Istanbul_11090714 Istanbul_12
090714 Istanbul_14090714 Istanbul_13
すぐ手の届く位置のモザイクも素晴らしい状態で保存されているので、色彩の鮮やかさがより美しく見えます。

テオドシウスの城壁
090714 Istanbul_15090714 Istanbul_16
難攻不落を誇った城壁ですが、今は胡散臭い(と言ったら失礼か)おっさん達のたまり場のようになっていて、非常に怪しい雰囲気がプンプンしています。
長居をするのは気が引けたので、バスの上から写真を撮るに留めました。


夜は、お約束、ダンスショーのあるレストランへ。
たまたまアヤソフィア前の公園で親しく話をしたパキスタン人の夫妻と、「ダンスショーでも観に行こう」ということになりました。
夫妻の3人の子供達がイギリスのランカスター、リヴァプール、ニューキャッスルに留学しているということで、同じくイギリスに留学している私に強い親近感を抱いてくれたようです。
090714 Istanbul_17090714 Istanbul_18
旦那さんが案内してくれたレストラン、結構大きなホールを持っている立派なところで、しかも値段はさほど高くない。
しかもステージ近い席が取れた。
すると何故か、国籍を聞かれたので答えると、テーブルにパキスタンの国旗と日本の国旗が置かれます。
見渡してみると、他のテーブルにも、ギリシャ・アメリカ・ドイツなど各国旗が並んでいます。
もてなしかなにかの意味なのだろうか、と思っていたのですが、まさか後であんなことになるとは。

さておき、この時にギョッとしたのは、なんとまぁ日本人観光客の団体さんの多さ。
おそらくホールの約1/4は確実に日本人勢で占められています・・・。
隣の席のアメリカ人が「おいおい、ここは日本食レストランかよ」と笑っています。いやはや。
最近は中国人観光客の数が急増しているという話を聞いていましたが、日本人観光客はまだまだ多いようです。

ダンスショーはなかなか見応えある内容で、情熱的なもの、躍動的なもの、コメディなもの、様々。
ベリーダンスのあの腰の動きは、見ていてこちらの腰が痛くなりそう。
ダンサーは腰痛大丈夫なんだろうか。

と、一通りダンスショーが終わると、歌謡曲歌手らしき男性が出てきて
「今日は皆さん色々な国からお越しですね。折角ですから、皆さんの国の歌を歌いましょう!」
ふーん、なかなか趣向が凝っているなぁ・・・、と思ってぼんやり見ていると、なにやらツカツカとこちらに近づいてくる。
そして、
「では先ず、我が友JAPANより、ミスター・スズキ!」
あぁ、ここで国籍を判別する為にテーブルに国旗を置いたのか、なるほどね・・・。

え、なんで私を指さしてるの。だいたいスズキなんて名前じゃないぞ。
だいたい日本人が欲しいなら、周りにもたくさん日本人観光客が・・・、あれ?いない?
いつの間にか、日本人観光客団体かギリシャ人観光客団体に丸々入れ替わっています…。
ということは、なに、今まさに日本代表じゃないか。
そうなると、まぁ退くに退けないわけで、彼のリクエスト通り、「さくらさくら」「春が来た」を歌う。
これはアルコール入ってなかったら出来なかったでしょう。

歌手のおじさんも一緒に歌ってくれたのですが、歌詞をバッチリ覚えている上、発音も完璧。
もちろん、商売なのでそれくらい当たり前なのかもしれませんが、トルコと日本は草の根レベルでも関係がいいのかもしれない、なんてことを思ってしまいます。
エルトゥールル号遭難事件(1890年)から来年で120年。
この良好な関係が今後も続くことを願います。

とはいえ、道を歩いていて「日本人だよね?」と声をかけられる頻度の高さにはいい加減辟易ですが。
無償の好意なのか、有償の好意なのか、本当に真意を測りかねる・・・。
スポンサーサイト

この記事のURL | 2009.07.14(Tue)23:59 | Travel | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
プロフィール
FC2カウンター
ブログ内検索
最近の記事
カレンダ・月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。