SEOリンク
CAMBRIDGE MBA - GO to CAMBRIDGE MBA -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
Individual Projectは依然進行中ではありますが、9/1ジョブスタートの準備の為、一足早く帰国しました。
私以外の日本人クラスメート6人はまだケンブリッジに留まっているので、私が帰国第1号。

来年5/15の卒業式典までしばらくのお別れとなるケンブリッジの街並みを眺めるにつけ、一抹の寂しさは拭えません。
出発前夜にはHughes Hallの残留メンバーがお別れ会を開いてくれ、Hughesはベストカレッジだったと再認識。

さて、帰国に際してシェアしておきたいことをメモしておきます。

① 飛行機の出発時刻3時間前にはヒースロー空港に到着予定とすべし
一般的には2時間前くらいで良い、とされます。
ケンブリッジからヒースローへは多くの人がシャトルバス(National Express)を使うことでしょう。
しかし、鉄道と違って、バスは交通事情によって所要時間がぶれます。
今回の私のケースでは、幹線道路の大渋滞で、バスの出発時刻が先ず30分遅れ、到着まで通常3時間のところを約4時間半かかる、という事態となりました。

2時間前にヒースロー空港に到着する予定でいた為、かなりギリギリでした。
実際、飛行機に乗り遅れた場合の算段も考え始めたくらいです。
バスが途中で故障した、という話も聞きますし、程度問題ですが、余裕を持つことが必要です。


② Tax refund手続きは成田空港ですべし + α
イギリス出国3ヶ月前からの購入品は免税対象となります。
ヒースロー空港でもrefund手続きは出来ますが、その場合はポンドでのrefundとなります。
本帰国する場合はポンドで貰っても仕方がない、ということが多いでしょう。
その場合は、成田空港でrefund手続きをすることによって、円でのrefundを受けることが出来ます。
手続きに際し現物を所持(別送品ではなく)していることが原則求められますが、チェックされるかはケースバイケース。

注意点:
・成田で手続きする場合でも、ヒースローの免税カウンターで関連書類にスタンプを押して貰う必要があります。
・ビザ有効期限に余裕がある場合、8月末のMBAプログラム終了を証明する書類をMBA Officeに発行して貰う必要がある。


さて、IPやらねば。
スポンサーサイト

この記事のURL | 2009.08.10(Mon)21:42 | Cambridge Life | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
プロフィール
FC2カウンター
ブログ内検索
最近の記事
カレンダ・月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。